アイキララの口コミで「効果が感じられない」という人の共通点!

アイキララの口コミで「効果が感じられない」という人の共通点!

 

アイキララ口コミを見ていると、心配になってきます。

効果を感じられない方の口コミが非常に多いんですね。

この記事では、効果が感じられない人に共通する点についてご紹介します。

アイキララの口コミで効果を感じられない理由

1、試用期間が短い

アイキララは皮膚の内側からのくまやたるみを改善する製品なので、塗ったらすぐに効果を感じられるなどの即時性は期待できません。

販売会社北の快適工房では、アイキララの効果を確実に実現するために、3ヶ月以上の連続使用を勧めています。

アイキラに限らず、体内から変化する系の製品は一般的に効果を感じるまで感じるのに時間がかかります。

しかし、使用してから1ヶ月以内に「アイキララは効果がない」と言っている人がかなりいます。

アイキララは1個で1ヶ月分の使用になりますが、最初のものを使っただけでは、メーカーが推奨する期間「3ヶ月以上」に比べて短すぎます。それではあまり効果が期待できません。

目元の悩みをすぐに直したい気持ちは判りますが、3ヶ月は継続することが必要ですので、長い目で見てケアを行っていきましょう。

 

2、効果のレベルを過度に期待している

直接治す製品(医薬品)としてアイキララを捉えてい誤解している人もいます。

アイキララは、目元の皮膚やせを内側から健康にするための商品です。

もちろん、ふくよかで若々しく、しっかりした肌になれば、結果としてクマが消えるという効果は期待できますが、それはクマに直接作用して治癒することはできません。

アイキララはクマを治療する薬ではありませんので、本気でクマを治療したい場合は美容整形、美容クリニック、皮膚科などの病院に行くことをお勧めします。

 

3、肌に合わない場合もある

アイキララを長い間使っていても、効果を感じられない人がいます。

残念ながら、100%の人に100%同じ効果を示すようなものは、ありません。もちろん、個人差もあります。

また、肌に敏感な人や子供が使えるよう、肌にやさしい成分を厳選していますが、アレルギー検査などに適さない成分を知っているのであれば、確認した方がよいでしょう。

アイキララの全成分(※着色料、保存料、防腐剤は一切使っていません)

水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

4、効果なしの口コミ例外

たるみ、くま、ほうれい線などを消すために目元や顔をマッサージする人もかなり多いと思いますが、素人がそれをすると、力の具合によっては逆に色素沈着やたるみを引き起こすす可能性もあります。

アイキララを使っていても、アイキララの効果と関係ない部分でたるみの原因を作ってしまうかもしれないので、注意しなければなりません。

さらに、たるみや症状が明らかに進行しすぎているクマの場合、アイキララのようなアイクリームで治癒するのは難しいかもしれません。

つまり、手遅れなので、美容整形などの病院で治療することをお勧めします。

現代ではある程度避けられないかもしれませんが、過度のストレス、疲労、睡眠不足などによるクマなどは、そのライフスタイルが継続的に続く限り、それがアイキララの効果を減少させる要因です。

仕事などによっては難しい場合がありますが、リフレッシュすることをお勧めします。

 

sfcr

コメントは受け付けていません。