アイキララを実感できる使い方とコツを詳細に説明します。

アイキララを実感できる使い方とコツを詳細に説明します。

アイキララは目元の悩みを隠して消すのではなく、肌内部からたるみやクマを改善していこうとするので、ある期間継続する必要があります。

ただし、正しい使い方で継続していかないと効果が実感できません。

この記事では、正しい使い方を注意点を含めてご紹介します。

 

アイキララの効果を実感するための使い方

1、洗顔

あなたがいつもするように、洗顔します。

もちろん、あなたがメイクをしているなら、それはメイクを落とした後の洗顔です。

目の下にはマスカラのようなアイメイクが残る傾向があるので、こすらずに優しく慎重に落としましょう。

 

2、化粧水

普段使っているローションで肌を整えましょう。

綿を使用する人は、いつものように肌をケアしましょう。

肌に潤いを含んだ状態でしっかりと使用すると、成分が浸透しやすくなります。

効果を低下させないために注意すべき点。

一般的なオールインワンタイプの化粧品を使用している場合は、アイキララを塗った後に使用しましょう。

オールインワンタイプの化粧品には大量の油が含まれているため、アイキララを塗る前に使用すると、アイキララの成分が浸透するのが困難になる可能性があります。

 

3、アイキララ

アイキララに添付されているアイキララ読本(説明書)に従って使用しましょう。

アイキララのクリームを肌に塗るコツとして、一度に1回分の塗ろうとすると、クリームが目に入る危険性があります。

アイキララを手の甲に載せ、薬指の腹にとり、目の下に少しずつなじませます。

アイキララを塗る前のワンポイント
手の甲にクリームを載せ置いた後、手の甲と指の温度で約5秒間クリームを温めておくと、クリームが滑らかになり、角質層への浸透性が向上します。

また、目の下の皮膚はデリケートなので、強く擦ると、たるみなども発生します。 アイキララでたるみやくまなどを改善しようとしているのに悩みを増やす事になってしまします。

 

4、クリームや乳液

通常の乳液または保湿クリームでお肌をケアしましょう。

また、たるみなどの原因となるので、成分を浸透させようと強くこすることは、たるみを増やすことになるので避けましょう。

オールインワンタイプの化粧品を使う人は保湿クリームや乳液の代わりに仕上げに使うべきです。

 

保管方法

アイキララは気温が下がるにつれて少し硬くなる性質があります。

正しく塗れるようにに使用するために、高温多湿や直射日光を避けて室温に保ちましょう。

また、アイキララの容器にはロック機能があります。

落下などによる繊細な部品の破損を防ぐため、使用後は必ずロックしてください。

保管期間ですが、高温多湿、直射日光を避けて常温で保管すれば未開封であれば約2年です。

開封後は2ヶ月以内に使用することになっています。

ただし、正しく使えば、1ヶ月で1個使い終わるので、あまり保存期間について気にする必要はありません。

 

アイキララを塗るタイミング

アイキララを1日2回、朝と夜の手順に従って使用しましょう。

一定期間継続して使用することで効果を発揮する特性を持った製品ですので、特別なケアとしてではなく、日常のケアとして使用しましょう。

最初にたくさんの油を含んだ化粧品を使うと、アイキララの成分が浸透するのが難しいかもしれないので、アイキララを塗った後にそれらを使いましょう。

 

アイキララを3ヶ月以上継続するのは、なぜ?

アイキララの効果を実感するために3ヶ月以上の連続使用が推奨されますが、それは肌のターンオーバー(肌の新陳代謝)に関連しています。

皮膚のターンオーバーの周期は、一般的には20代の女性で約28日、30代で40日、40代で55日、50代で約75日であり、年齢とともに伸びます。

アイキララは皮膚の内側から改善しますので、効果が実現するまで少なくとも3回のターンオーバーを繰り返す必要があります。

ですので、アイキララを使用する方法として少なくとも3ヶ月間連続使用することをお勧めします。

しかし、ターンオーバーの周期は年齢とともに増加することを考慮すると、30代の人は約4ヶ月、40代は約5ヶ月なので、毎日継続的に使用し続けることが重要です。これが効果を実感するための最大のポイントです。

アイキララは表面的にたるみやくぼみを消したり隠したりする製品ではありませんが、内側から根本的に改善する製品であるため、塗った瞬間に変化することはありません。

 

 

sfcr

コメントは受け付けていません。