アイキララの使い方で効果も違ってくる!40代の必需品とは?

アイキララの使い方で効果も違ってくる!40代の必需品とは?

アイキララを使用している40代です。

アイキララって使い方一つで効果的だったり、よくなかったりするんです。

ここでは、正しい使い方などを紹介します。

 

アイキララの使い方、時間帯

アイキララの使用は1日2回(朝と夜)ですが、最も効率的なタイムゾーンがあります。

朝のタイムゾーン
肌は眠りから目覚めて乾燥しています。 そして、朝のクレンジング後は肌の乾燥に最も注意を払う必要があります。
朝のアイキララの使用は、顔を洗ったすぐ後に使います。

夜のタイムゾーン
肌のゴールドタイムと言われている22:00〜2:00のタイムゾーンは、あなたが眠りたいタイムゾーンです。
アイキララの使用で効果的なのは夜、お風呂上がりの21:00〜22:00の使用です

また、アイキララは時間や使い方によっても効果は大きく変わります。

 

正しい「アイキララの使い方」で効果を感じてください。 そしてアイキララを使い続けることが目元の悩みを解決する方法です。

 

新陳代謝を上げる

新陳代謝を高めることで、アイキララの効果だけでなくアンチエイジング効果も高まります。

  • 軽い運動
  • 代謝が高まる時間帯には眠る。

筋肉量を増やし、新陳代謝を高めます。

新陳代謝が活発になる時間帯には、しっかり眠れます。

それはアイキララの効果をさらに高めます。

 

軽い運動

毎日続けることが大切なので、スキマーの通勤時間を中心に運動をしました。

  • できるかぎり歩く
  • 前進速度を早める
  • 電車の中で立っている
  • エレベーターよりも階段
  • 会社で真剣にラジオ体操を

代謝は年齢とともに減少します。特に私たち40代は感じます!

代謝は、筋肉量を増やすことによって高めることができます。

スキマ時間にも運動量を増やしましょう!

休日は、30分以上歩き続けます。

 

新陳代謝が高まる時間帯に眠る

夜間の代謝が10時から2時に増加する時間帯。

この間に皮膚細胞が産生されているので、眠ることが望ましいです。

遅くまで起きているのは良くありません。

できるだけ10時前に、アイキララを塗ります。

 

アイキララを使うときの注意


目元は大事だからなんて、マッサージしながらアイキララの成分が肌に浸透していくようにしている方はいませんか?

しかし、マッサージをしたり、肌をこすったりすることは、アイキララの使い方としては正しくありません。

まず、目の周りの皮膚は顔の他の部分と比較して最も薄く、こすったときに損傷するために色素沈着のリスクがあります。

このような好ましくない肌の状態にならないように注意が必要です。

アイキララを使用するときは、必要以上に肌を傷つけないように注意してください。

手の甲にアイキララを出して、それをゆっくりとあなたの指の腹部の部分をにつけてからアイキララを塗りましょう。

正しい使い方で塗ることで最大の効果を実感できます。
アイキララの正しい使い方を確認して練習してください。

関連記事

アイキララの口コミを調査してみると意外なことが!!マジなの?

メンズアイキララとアイキララの違い?こんな人は効果がありません

sfcr

コメントは受け付けていません。